【中期】妊娠6カ月の母体と赤ちゃんは? | まいにちえいご
英語が話せない子どもにおすすめのオンライン英会話は?

【中期】妊娠6カ月の母体と赤ちゃんは?

スポンサーリンク
妊娠・妊娠出産でもらえるお金

こんばんは。あもです

妊娠6カ月に入ると、胎動を感じ始める方も多く、お腹の中にいる赤ちゃんの存在をしっかり感じられる時期です。
私も日々、お腹の中にガンガン胎動を感じております(笑)

反面、ホルモンの影響を強く受けるため、マイナートラブルに悩まされる人も増える時期でもあるようです。

マイナートラブルに苦しまないためにも、妊娠6ヶ月の赤ちゃんとお母さんの状態をしっかり把握し、マイナートラブルの対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

妊娠6ヶ月の赤ちゃんの状態

赤ちゃんの身長は約30cm、体重はメロン中1個くらいの700gくらいに成長しています。

皮膚はまだすけていますが、神経はほぼ完成しています。
ここからしっかりとした皮膚になっていくんですね。
爪も出来てきて、目を閉じたり開けたりすることができるようになります。
1人目の時、赤ちゃんの爪を見て「こんな小さい爪があるのか」と感動しましたが、この時期にできているんです。
うーん、お腹の中を見てみたい。。。。

ちなみに6ヶ月の時の赤ちゃんは、羊水の刺激から体を守るため、クリーム状の胎脂に包まれています。

聴力が発達に伴い、お母さんの声を感じられるようになるのも6ヶ月に入ってからです。

妊娠6カ月には羊水の量が増えるので、赤ちゃんが体を回転させたりと自由に動きやすくなります。
それによって胎動をはっきりと感じられるようにー♪

また、赤ちゃんが股をしっかり見せてくれれば外性器が超音波写真にくっきり映るので、妊娠6カ月に性別を教えられるお母さんも多いです。
私のお腹の中の赤ちゃんは、照れ屋なのかまだ股を見せてくれませんが。。。。とほほです。

スポンサーリンク

妊娠6ヶ月の母体

妊娠6カ月で子宮底長は18~21cmほどになり、お腹が一気に大きくなります。

妊娠6ヶ月に入ると、これまでの服が窮屈になってきたり、こむらがえりなどのマイナートラブルが起こりやすくなります。
大きくなるのはお腹周りだけでなく、乳腺の発達に伴いバストのサイズアップも始まる頃です。

バストアップは自分でもはっきりとわかるくらいになります。
大きくなったバストを見ると、地味にうれしくなるのは私だけでしょうか。。。

乳腺の発達を邪魔しないためにも、マタニティブラなどゆったりとした下着を着用するようにしましょう。
乳頭がかゆくなったり、乳房全体が張ったりすることもあります。

妊娠6カ月の時期に気を付けたいこと

妊娠6カ月はホルモンの影響を受けやすく、しみやそばかすができたり、乳頭の黒ずみ、便秘に悩むことが少なくありません。
特に便秘はお腹の張りにつながることもあるので、辛い時は医師に相談して便秘薬を処方してもらいましょう。

また、お肌も敏感になっているので、日頃からUVケアや保湿に気をつけることはもちろん、外出時にはしっかり念入りにUVケアをしておきましょう。

服装も体を冷やす格好は避けて、お腹や足首、手首を温めるように意識しましょう。

妊娠6ヶ月はマイナートラブルに悩むことも増えますが、赤ちゃんの聴覚が発達してママの声が聞こえるようになったり、胎動を感じたりと赤ちゃんのコミュニケーションが取れる時期でもあります。

赤ちゃんにたくさん話しかけ、コミュニケーションを楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました