おっぱいが張らないのは授乳が順調なサイン?さし乳とたまり乳を徹底解説! | まいにちえいご
英語が話せない子どもにおすすめのオンライン英会話は?

【母乳】おっぱいが張らないのは授乳が順調なサイン?さし乳とたまり乳を徹底解説!

スポンサーリンク
食べ物・母乳・離乳食

こんばんは。あもです。

母乳育児を目指し、子どもが泣いたらとりあえずおっぱいをくわえさせる日々が続いております。

静かーーーに乳首から口を外しアンニュイな雰囲気でかわすこともある我が子ですが、それに負けずにくわえさせていたところおっぱいが以前ほど張らなくなった気が。。。

子どもが泣いた時は「あまり出ないかもしれませんけど。。。」と断りつつ、ふにゃふにゃなおっぱいをくわえさせるのですが、ゴクゴク飲んでいるご様子。

しかも、子どもがが飲み始めると「ツーーーーーーン!!!!」という痛みに近い刺激を感じるようになりました。

おっぱいを飲んでいる時の様子を見ると飲んでいる感じはあるも、前みたいにガチガチに張ることがないので、正直おっぱいが足りているかどうかかなり不安になり出産した病院に連絡したところ、
「それは差し乳ですね〜。ゴクゴク飲んでいる様子があるなら大丈夫だよ。」とのこと。

ん?差し乳って聞いたことあるけど、この状態が差し乳なの?
とクエスチョンマークだらけ。

なんとなく聞いたことがあった差し乳でしたが、ここでは詳しくまとめてみました。

同じように「おっぱいが張らない!でも母乳出てるっぽい!?」というあなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

差し乳・たまり乳って??

そもそも授乳中のおっぱいには、張るタイプ・張らないタイプがあります。

「え!!?張らないおっぱいなんてあるの?」
あるんです。
>その張らないおっぱいが差し乳と呼ばれているおっぱいです。

それとは逆に、張りがちなおっぱいがあります。
そのおっぱいはたまり乳と呼ばれています。

助産婦さんが教えてくれたたまり乳と差し乳の特徴はこちらです。
あなたがどっちタイプかチェックしてみてくださいね。

たまり乳の特徴

・基本的におっぱいが張っている状態
・ちょっとでも授乳をしない時間があると、すぐに母乳がにじみ出てくる
・油ものや洋菓子といった高カロリーのものを食べるとすぐにつまる
・搾乳するとかなりの量の母乳が搾乳出来る

たまり乳は、おっぱいの張りを常に感じているのが一番大きな特徴です。
例えるならば、作り置きするおっぱい。

おっぱいに母乳を作り溜めしておくタイプですね。

すぐにおっぱいをあげられる状態なのでいいように思いますが、時間が経つことで甘くなりすぎてしまうので、赤ちゃんが飲むのを嫌がることも。

つまりやすいので、しこりがよく出来たりつまったりといったトラブルが起きやすく、乳腺炎になる方も多いそうです。

つまりやすいということは、食事にも気をつける必要があります。

つまりやすい甘いもの・脂っこい食事やおやつは控え、和食の食生活を心がけたほうがベター。
赤ちゃんが欲しがった時に授乳をするのはもちろん、夜間も頑張って4時間以上はあけないようにしたほうがいいといわれました。

差し乳の特徴

・おっぱいが時間をあけても張らない
・赤ちゃんに吸われた時にだけ、ツーンと張るようながある
・搾乳をしてもほとんど搾乳出来ない

差し乳は赤ちゃんが飲み始めると同時に、母乳を作り出します。
溜まり乳のように胸に母乳をたくわえることをしないから、胸が張りにくいのです。

差し乳タイプのおっぱいを赤ちゃんにくわえさせると、最初はチュパチュパ吸っているだけですが、母乳が作られ出始めると、ゴクゴクと母乳を飲み始めます。
赤ちゃんの喉元をみてごくごくと動いているのであれば、しっかり母乳が出ている証拠です。

おっぱいが張りがなくなるのは、母乳を運ぶ乳管が開通し、授乳が軌道に乗り始め順調な証拠といわれています。
やったー!!!!
赤ちゃんが吸った時に出来たてのおっぱいがわいてきて、新鮮な母乳を飲むことができるし、お母さんもガチガチなおっぱいで苦しむことがないので理想的な状態ともいわれています。

まとめ

最初は溜まり乳だったのにいつの間にか張らなくなった場合も、赤ちゃんが成長し、飲む母乳の量と蓄える量のバランスが取れて差し乳に移行するようです。
赤ちゃんの喉を見てしっかりと飲んでいる様子があれば問題ないよといってもらえました。

ちなみに、赤ちゃんが母乳を飲む量が増えると、お母さんの水分がたりなくなるので、水分補給はマメに!です。
おっぱいが張らなくなったのは、授乳が順調なサイン!

美味しい母乳を赤ちゃんにあげられるように水分をしっかりとっておっぱいをくわえてもらいましょう!

母乳については、こちらの記事もどうぞ!

【母乳】母乳育児のメリットデメリットをきちんと解説!
この記事では、母乳育児のメリット・デメリットを紹介しています。 母乳育児に興味があるあなたはぜひ参考にしてください。
【母乳】母乳をうまく飲ませられない時に試してほしい3つのこと
こんにちは。あもです。 赤ちゃんが産まれて早2週間。 久しぶりの赤ちゃんがいる生活にも、ようやく慣れてきました。 一人目の息子を完全母乳で育てた私は、当然二人目も完全母乳で育てる気満々。 息子の時は特に母乳トラブルがなか...
【母乳】母乳が足りているかどうかの目安って?
こんにちは。あもです。 母乳育児をしていて一番気になること。 それは、 「母乳を飲まなくてはいけない量飲んでくれているか。」 です。 少しずつ飲むのが上手になってきた我が娘ですが、やっぱり足りない時があるようで乳首をくわえ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました