【トラブル】赤ちゃんの便秘解消方法って?綿棒浣腸のやり方解説 | まいにちえいご
英語が話せない子どもにおすすめのオンライン英会話は?

【トラブル】赤ちゃんの便秘解消方法って?綿棒浣腸のやり方解説

スポンサーリンク
0歳育児

こんにちは。あもです。

無事に1カ月を迎えた娘ですが、先日すごい顔をしてうなっていらっしゃいました。
「どうしたの!?」とおもわず話しかけてしまうくらい、女性にあるまじき顔をしてうなっていらっしゃる娘。
そこで、ハタと思いつきました。

「そういえば、うんち出てなくない??」

母乳育児をしているのでおしっこの回数なども気になり、育児アプリをつけているのですが、最近「うんち」アイコンを見ていない気が。。。

急いでアプリを調べたところ、なんと3日間も便通なし!
うなりの原因・便秘で確定!

3日出ていないと、大人でも辛いですもんね。
気づくのが遅くなってごめんよ、娘。

で、さっそく噂で聞いていた綿棒を投入。
一人目の息子は全くの便秘知らずだったので、初綿棒でございました。

「いっぱい出ろ出ろ〜」
と肛門をツンツン刺激するも、出る気配が全くなし。

「出る雰囲気ないなー」
と思い、お腹をのの字にマッサージしてみるもやっぱり効果なし。

翌日息子を送り届けた際同じクラスで同じく0歳児の兄弟を持つママとばったり会ったので、
「便秘の時、綿棒でグリグリしたことある?」
と聞いてみると
「あるよー」とのこと。
「私もやったんだけど、効果なかったんだよね。」
というと、
「ちゃんと綿棒半分くらいまで入れた??」

え???綿棒半分も入れちゃっていいの??

彼女も小児科の先生がグリグリしているのを見て同じことを思い、小児科の先生方式の綿棒グリグリに衝撃を受けたそうです。

赤ちゃんが便秘の時に効果的な正しい(?)綿棒グリグリ方法を紹介しますので、赤ちゃんが便秘でお悩みのあなたは勇気を出して是非やってみてくださいね。

スポンサーリンク

綿棒浣腸をするときに準備するもの

大人用の綿棒

ここでのポイントは、子ども用ではなく大人用ということ。
子ども用のものだと、軸が細いので中でグリグリするのにあまり向いていないようです。
先端の部分を少しほぐしてから使います。

ワセリン(なければベビーオイル、オリーブ油やサラダ油などのオイル類)

ワセリンは綿棒と肛門の潤滑油になるので、めちゃめちゃ大切です。
綿棒の半分くらいまでたっぷりとぬってあげましょう。

スポンサーリンク

便秘解消!綿棒浣腸のやり方

準備はできましたか?

やる前はかなりどきどきする綿棒ぐりぐりもとい綿棒浣腸ですが、一度やってしまえばなんてことありません。
可愛い我が子のため、いざ綿棒を手にとりましょう!

1.赤ちゃんの両足を持ち、肛門をあらわにします。
娘はマッサージをしている途中でブリブリ来ることもあるので、足は持ち上げています。

2.綿棒を肛門からそっと中に入れていきます。
こわがらず綿棒半分くらいまで(大体3cmくらい?)中に入れましょう。
ちなみに娘はこの時、「!!!??」みたいな絶妙な顔をします。
泣き出す子もいるかと思いますが、ここは心を鬼にします。

3.肛門を広げるイメージで大きく綿棒を回します。
できるだけおおーーきく回すのがポイントです。

やり方は以上です。
簡単ですよね。
娘は綿棒浣腸をしてあげると、マッサージ中に少し出て、その後どばっと出ることがほとんどです。

綿棒浣腸に注意点はある?やる頻度は?

綿棒浣腸をしていて気になるのは、「綿棒浣腸をしていると癖にならないか?」ということだと思います。

浣腸をしないと排便しないようになるのでは?と心配でしたが、毎日やるなどやりすぎなければ、癖にはならないようです。

頻度としては、3日くらい出なかったら綿棒浣腸を試してみるのがオススメですよ〜。

スポンサーリンク

まとめ

綿棒浣腸は、やり方さえ覚えてしまえば安全で簡単な便秘解消法です。

赤ちゃんの便秘は、赤ちゃん自身が苦しいだけでなく慢性化につながることもあり早く解消することが大切。

「毎回綿棒浣腸すると、クセになって自力で出せなくなるんじゃないの?」と心配もしました。
だけど、私が話を聞いたママの子どもは、便秘になると綿棒浣腸で出してあげていたところ、今では自力でちゃんと排便できるようになったそうです。
それを聞いてからは、苦しそうな時にはすぐに綿棒浣腸で楽にしてあげています。
娘も、だんだん上手に出せるようになるといいな。

便秘で苦しむ赤ちゃんを、綿棒浣腸で楽にしてあげましょう!

【トラブル】赤ちゃんの便秘は病院に行くべき?なんで便秘になるの?
ここでは赤ちゃんの便秘についてまとめてみました。 排便回数は赤ちゃんによって違うし元気で食欲もあればとくに心配ない、と以前小児科の先生に言われたことがありますが、やっぱり苦しそうな子どもを見ているのはつらいです。「うんちがすっきりとでていないみたい。」と気になっているお母さんの参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました