【出産体験記その3】本陣痛到来!?再度入院 | あもライクス
英語が話せない子どもにおすすめのオンライン英会話は?

【出産体験記その3】本陣痛到来!?再度入院

出産・出産体験記

前回の日記はこちらからどうぞ。

再度の本陣痛?前駆陣痛?

またもや例の「本陣痛なの?前駆陣痛なの?」的な痛みが到来しました。

もう何回も経験しているので、なれたもんです。
あわてることなく間隔を図り始めると、またもや10分間隔になる痛み。

「はいはい、10分間隔ですね。」
と、前駆陣痛入院経験者は、ここでもあわてません。

心のどこかでは、「どうせ陣痛遠のいちゃうんでしょ!そうなんでしょ!」って思っている私。

が、私の予想に反し、今回は安定して10分間隔の陣痛到来。

退院時に「7、8分間隔になったら連絡してね」
と言われたので、とりあえず様子を見ることにしました。

あも
あも

今回は本陣痛につながる気がしたので、祈りつつシャワーを浴びてみました。

14時過ぎ頃けっこう痛みが強くなってきたので、
「まだ7、8分間隔じゃないんですけど、けっこう痛くて……」
と再度病院に連絡すると、

経産婦さんだよね?来て来て!こっちで様子を見ましょう。」

あも
あも

あざーーーーす!!

病院に行くことを母に伝え、外出先から帰宅途中の父に
「帰ってきたら病院に連れて行って欲しい」
と連絡。

そして夫にも、
「息子を保育園に迎えに行った後、病院に2人で来てほしい」
と連絡して一安心。

父の帰宅を待って、父母と3人で病院に向かいました。

帰ってきました!再度の入院

15時頃病院に到着すると、まさかの病棟満室!

しかも、助産婦さんたちもバタバタしている様子。
あれ?もしかして、お産ラッシュ??

「モニターをつけますね〜。」

と助産婦さんが来てくれたので聞いてみたところ、今分娩室で本日二人目のお産が行われていて、そんな中破水した初産婦さんも病院に到着したとのこと。

そんな時に、前駆陣痛退院経験者の私も到着。

そんな日もあるんだなー。

私も4人目にすべり込めるといいなと思いつつ、モニターをつけてもらいました。

そのまま一時間ほどモニター。

そして、様子を見に来た助産婦さんから
「あれ?あんまり張ってないね。」
と悲しい一言。

さらに内診後、「うーん、入り口もまだかな〜」と追い討ちをかけるような非常な診断に背筋が凍る私。

あも
あも

悪夢、再び…!?

[ad]

いやしの夫と息子・到着

立て続けの悲報に打ちのめされかけてた私の元へ、夫と息子が到着しました。

今聞いたことを夫に伝えると、
「お腹の中の居心地がいいのかもね〜。」
とのんきな夫の一言。

この時、夫がのんきでいてくれたのは、すっごくありがたかったです。

息子は、病院という雰囲気になんとなく緊張している様子。
そんな息子の様子にもいやされる私。

その時ちょうど夕食が来たので、息子にデザートの柿をあげると
「おいしい。」
と言って食べつつもソワソワしていました。

その後息子は一度母と帰宅し、夫だけ残ってくれることになりました。

すると、さっき破水して分娩室に入っていたお母さんが、無事出産を終え病室に戻ってきました!
めでたいよ~!

あも
あも

産まれたての赤ちゃんのかわいさ、ハンパない…!

我が子に会いたいとはやる気持ちを抑えつつ、夫とたわいもない話を過ごしながらまったり。

すると、だんだん痛みが強くなってきました。

痛みに耐えつつも、
「ここまで痛くなればもう遠のくことはないだろうな。」
と前回の悪夢再来を回避できたことに一安心。

この時陣痛は5分間隔でしたが、子宮口は1cm程度しか開いていないと言われました。

この痛みでまだ1cmかー。

忘れていたあの痛みが、だんだんよみがえってまいります。

「経産婦は7、8cmまで開いたら分娩台に乗るので、ご主人には4、5cm開いてから連絡すれば間に合うと思いますよ。」と助産婦さんからのアドバイス。

いつは4、5cmまで開くかわからなかったので、夫には一回帰宅してもらうことにしました。

この時時刻は21時前後。

陣痛は、このまま本陣痛となるのでしょうか?

長くなったので、続く!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました